結婚式の前撮り

京都で結婚式の前撮りを考えているなら

京都での前撮りで最高の想い出を

結婚式の写真撮影

前撮りと後撮りの違い

京都でも、結婚式をする際は前撮りと後撮りが可能です。
いずれも本番の結婚式とは違うのでいわゆる別撮りですが、
両者の違いは以下のとおりです。

前撮りは、京都でもだいたい結婚式の1~2ヵ月前に
行われます。

その理由としては、「諸々の費用が確定した時期だから」
「新郎新婦のテンションが高まっている時期だから」「当日のリハーサルにもなるから」などが
挙げられます。

また、この時に撮った写真は、結婚式当日にも活用することができます。
とはいえ、この時期は最も忙しい時期でもあるので、計画的に行う必要があります。

後撮りは、文字どおり結婚式が終わった後にもう一度婚礼衣装を着用して写真を撮ります。

「結婚式の時は洋装だったが、和装も着てみたかった」ということは、
式が終わった後でないとなかなか思いが至りません。

また、当日はお金が足りなかったのでお色直しができなかったという場合でも、
後からなら満足できる写真を撮ることができます。