結婚式の前撮り

京都で結婚式の前撮りを考えているなら

京都での前撮りで最高の想い出を

結婚式の写真撮影

前撮りで素敵な写真を撮影しよう

七五三は前撮りを行うことができます。お参りの当日に撮影するのではなく、あらかじめスタジオや写真館を利用して撮ることができるので、余裕を持ったスケジュールで満足度の高い写真を撮ることが可能です。


bishouen.comのロケーションプランを選ぶのであれば、室内だけではなく神社などで撮ることができます。
当日に行う場合は、慌ただしいスケジュールで思うような写真を撮ることができないことが多いです。

セルフで前撮り


自分たちで撮影しようとすると、カメラを任せることができる相手がおらず、
家族全員が揃ったものを撮影できないという可能性もあります。

 

子供が小さければ慣れない衣装にぐずってしまい、撮影どころではない可能性もあるでしょう。


こういった問題が起こりやすい傾向があるので、事前に写真を残しておく方法を
選択する人が増えています。いつもとは違う衣装を身に纏った成長した姿を
しっかりと残すことができるはずです。


七五三の子供はもちろんですが、前撮りでは両親や兄弟姉妹まで一緒に写真に入ることができるので
家族写真の代わりにもすることができます。


多くの魅力があるので、七五三を迎える子供がいるのであれば
前撮りの利用を検討することがおすすめです。

 

着物を着用するときのエチケット

事前の撮影では着物を選択する人が多いと言えます。
女の子であればドレス、男の子であればタキシードなどの洋装を選ぶこともできますが、
せっかくの機会なので和装を選ぶケースが少なくないです。

着物で写真


和装を選びたいと思うのであれば、事前にマナーを確認しておくことが大切だと言えます。


まずは必要となる小物のチェックを怠らないようにしてください。
その場でレンタルを行うケースが少なくありませんが、その際には
いくつかの小物や下着を持参するように指示されることもあります。


これを持参しなければスタジオや写真館のスタッフさんが困ることになるので注意しておきましょう。


着物を着用するときには、持ち込みとレンタルのどちらが可能か調べておくことも大切です。
その場でレンタルした着物でなければ撮影できないというケースもあり、
このような決まりがあるのに購入した衣装を持ち込むとマナー違反になってしまいます。


直前に祖父母から衣装を買ってもらってそれを着たいなどと交渉する人もいますが、
持ち込みが禁止でなかったとしてもこういったキャンセルは迷惑になるでしょう。


迷惑をかけてしまったりスムーズに撮影ができなくなったりするので、
和装で撮影を行うためにはエチケットを確認しておくことが大切です。